選ばれる介護施設をつくるお手伝い

運動の成果を数値で提示。
団塊世代への集客アピールに役立ちます。

介護職員の健康づくり
身体のケアとマインドフルネス(瞑想・呼吸法)で
職員の心身をととのえます

特徴1

職員が運動指導する人材育成

特徴2

科学的介護ケアを実現

特徴3

職員の健康づくり

介護職員ができる「ADL改善運動イキイキfit」

団塊世代・親の介護をする世代が求める介護サービスは、
「お世話中心の介護」から「自分でできることを増やす介護」へ変化しています

icon3

通所介護事業所用

icon3

入居介護施設用

icon4

ケアマネージャー

フレイルは病気やケガではなく加齢に伴う「虚弱」です。
介護職員ができる「ADL改善運動イキイキfit」は、グループ指導とパーソナル指導で自立支援と重度化防止を実現可能にします。

身体的フレイルを改善=ADL改善に特化した運動指導をする。
社会的フレイルを改善=日常の活動量をチェックして役割づくりや生きがいづくりをサポートします。
精神的フレイルを改善=軽度認知症チェック・うつ病チェック・ストレスチェックで、不安やお悩みを共有し改善を図る。

「ADL改善運動イキイキfit」でお悩みを解決

2021年介護報酬改定からは科学的介護で自立支援が求められてきます。
成果につなげる介護サービスから介護職員の身体と心のケアまでサポートいたします。